試着を行ってお気に入りの一着を決める|花嫁の人気ドレスリサーチ

指輪

指輪の効果

古代における装飾品の意味

今では指輪などのジュエリーはファッションアイテムとして楽しむものという位置づけであることも多いですが、太古の時代は魔除けなどの重要な役割を持っていました。結婚指輪は男女が結婚の約束をする時にお互いが身に着けていた指輪を交換することから始まったという説もあります。結婚指輪は現代でも他のジュエリーとは持っている意味合いが大きく違っており、服装が厳しい職場やマナーが重視されるブラックフォーマルのシーンにおいても着けて良いとされています。左手の薬指に着けることも昔から続いている風習です。古代ローマでは左手の薬指は心臓に直結しているとされていたことも関係していると言われています。現代の日本でも左手の薬指に着けることは定着しています。

社会的な意味を持つ結婚指輪

時代の流れとともに人々が消費をしなくなってきていると言われています。その影響を受けてか結婚が決まっても式も挙げず婚約指輪も購入しないという人も最近では珍しい事ではなくなってきました。しかし、そんな人達でも結婚指輪だけは身に着けたいという方も多いのではないでしょうか。結婚指輪は結婚しているという証でもあります。最近は石が入っていたり装飾性の高い結婚指輪も人気がありますが、冠婚葬祭の場ではあまりにも華美な装飾品はマナーとして良いとは言えません。汎用性が高いデザインであればやはりシンプルな結婚指輪を選んでおくと無難ですが、普段使いする物とは別にシンプルな物も持っておくという方法もあります。結婚指輪のデザインにはルールは無いため、どうしても欲しいデザインがある場合は、TPOに応じてつけるか外すかを判断すると良いでしょう。