試着を行ってお気に入りの一着を決める|花嫁の人気ドレスリサーチ

指輪

それぞれの違い

結婚指輪とは、夫婦の証として必要なペアリングであり、男性から女性に贈られる指輪を指します。結婚指輪を薬指にはめれば、外す事はなく、夫婦生活が続いている限り、日常的に薬指にはめて生活します。結婚指輪と似たような形で、婚約指輪というものがあります。こちらは、結婚を約束した男女が付けるペアリングであり、結婚前に男性から女性に贈られる指輪の事を指します。このように、結婚指輪と婚約指輪では、意味合いが若干違っており、それぞれ渡す順番というものが決められています。

結婚指輪、婚約指輪ではそれぞれデザインが異なります。婚約指輪に関しては、日常的に薬指にはめて生活するものではないので、派手なデザインが一般的とされています。記念のダイヤとして、女性に送る指輪なので、なるべく華やかでゴージャスなデザインの指輪を贈ると良いでしょう。一方、結婚指輪に関しては、夫婦生活が続いている限り、常に身につけておく存在なので、デザインは派手なものではなく、控えめのものを選びます。

結婚指輪と婚約指輪は、それぞれ費用も異なります。婚約指輪に関しては、見た目が派手なデザインという事もあり、結婚指輪よりも若干値段が高くなってきます。値段は指輪のデザインやブランドによって異なりますが、平均的な相場は、30万円前後となっています。結婚指輪はシンプルなものが多いので、値段も手頃であり、平均価格は10万円前後となっています。